カラーが大事!

カラーは印刷物にとって最も大切なものです。カラーとはどういったものを言うのでしょうか。カラーにはCMYKという色の表し方があります。シアン、マゼンタ、イエロー、キーの4種類です。大抵印刷はCMYKで色を指示します。映像やデジカメのデータはRGBと言う光の色の表し方になります。
カラーは印刷が美しければ美しいほど綺麗です。たくさんの色を使って賑やかな印象にするのか、それとも同系色で無難にまとめるのか、カラーの使い方で印象がかなり変わります。はっきりした色づかいは整った印象があり、世界中でも好まれやすいともいわれているそうです。印刷物の目的をしっかり考えて色づかいをする様にすれば、きっと人にたくさん見られる印刷物になるでしょう。
色の美しさを最大限に活かした印刷物や、色の上手な使い方をして、人の目を引く印刷物、人の気を引く印刷物を作成しましょう。
印刷物にとってカラーは実に重要なポイントです。色は目に一番に飛び込む情報です。好きな色であれば、気になるし、変わった印象であればじっと見てしまったりします。何か迷った時に選ぶなら好きな色遣いの方ではないでしょうか。人は意外と色に左右されやすいかもしれません。印刷物を作成するにあたっては色についてよく知ることが大切です。見た目がいいというだけではなく、効果のある色遣いができる様にすれば、よい印刷物が出来上がるのではないでしょうか。もちろん印刷物にはモノクロのものもありますが、カラーの印刷物であった場合、その色遣いはとても重要ポイントになってきます。人はまずものを見て、色から目に入ることが多いのではないでしょうか。写真などが使われていたとしても、写真自体に目がいったときその中の色に引かれているのかもしれません。第一印象というのはカラーで決まって来るのかもしれません。色には様々な効果がある様です。1色でも、使い方によってはとても目を引きます。モノクロもシンプルならではの美しさがあり、人の目を引きます。
きれいな色がたくさんずらっと並んでいると、それだけで見とれてしまうし、その全体の美しさで1つ1つが引き立つ場合もあります。多色で販売されるものは売れるという傾向もある様です。人は何かを見た時、読むという行為よりもカラーが先に目に入るのではないでしょうか。好きな色であれば尚更目がいくでしょう。何となく目を向けてしまいます。目立つ色や変わった配色、きれいな配色、それらはそのカラーだけでも人の目を引きつけることが出来るでしょう。印刷物を目にする時、知らずに目にするのはカラーであると言えるでしょう。そのことは印刷物を作る上でとても大切なことだと思います。
たくさんの人に好かれ、飽きられない色というのはどんな色でしょう。カラーはたくさんあります。
しかし、広告に使われやすい色、映像に使われやすい色、など、カラーにはなんとなく法則があるかもしれません。レストランや食べ物のチラシやメニューには暖色系が好まれます。食べ物を美味しそうに見せるのは暖色系、食欲をそそる色なのかもしれませんね。寒色系だと美味しそうにみえないと聞いたことがあります。確かにそうかもしれないなと思います。長い間、飽きずにたくさんの人に好まれているカラーは限られているのではないでしょうか。金や銀は高級感があります。なにか印刷物に利用したら、対象物の質の良さや品の良さがあらわれるでしょう。
カラーは見る人をある程度想定して使い分けるということもあります。どこどこのお店と言われて、そのお店のイメージカラーがあり、みんなはその色をイメージするでしょう。カラーインパクトのあるお店はそのコーポレ−ションカラーを上手に利用できているということです。広告やお店の商品に上手にその色を取り入れ、見る人にそのカラーを知らず知らずに印象づけているのでしょう。
長い間、同じ色を使いつづけることは、そのカラーとそのモノの印象がマッチして記憶に残されるのです。
長い間ずっとパッケージカラーが一度もリニューアルされないで愛されるというのは万人に受け入れられているということです。イメージカラーというものができれば、その対象物は色遣いに成功したともいえるでしょう。。小さな頃から大人になるまで変わらずにあるお菓子のパッケージとかありますよね。
文字だけの印刷物の場合もありますが、必ず見る人の立場に立つことが大切です。相手の立場にあわせた色遣いをすることが大切です。TPOにあわせた作成をすることが印刷物作成の成功の秘訣ではないでしょうか。
引きつけられる色遣いが大切なのです。引きつけられたのは色のせいかもしれませんよ。

Valuable information

最終更新日:2017/1/30